MVNOは安い料金プランが基本

###Site Name###

MVNOでは、安い料金プランでサービスを提供するのが基本です。

これは、キャリアから通信回線を借りているため、自社で通信インフラの整備を行わなくても良い大きな利点が存在するからです。
MVNOとしてサービスを提供している以上はこの条件に当てはまっていますので、ほとんどの場合でキャリアよりも料金プランを安くすることが可能です。


MVNOが画期的な安さを実現している背景には、通信速度の制限という事情も存在します。



普通、通信速度はその生の通りデータの送受信の速度のことを意味しますので、この速度が速いほどサービスとしては使いやすい性質を持っています。


しかし、通信インフラを借りているMVNOでは自由にこの通信速度を使うことができないので、ここに制限を持たせました。


通信速度制限は、一定以上の通信データを超えるとその時点でから通信速度を低速にするペナルティのことです。

こうしておくことで、料金プランを安くできます。



通信速度を制限するとはいっても、肝心の速度の容量はユーザー自身で決めることができます。



例えば、MVNOでは基本的に7GBという容量を目安にサービスが提供されています。

言い換えると、7GBという基本的な用量を超えない限りは、いつでも高速な通信速度でサービスを楽しむことが可能です。
また、この容量の範囲はユーザーが決めることができるため、プランを変更すれば無制限で高速通信を実現することもできるようになります。