MVNOを選ぶ際の差別化の考え方

###Site Name###

スマートフォンや携帯電話のテレビコマーシャルを見ると昔からあるドコモやソフトバンク、auという大手の通信会社に加えて様々な通信サービスを提供する会社が料金の安さを主な売りとしてプロモーション活動をしているのが目につきます。

このような格安料金で通話やデータ通信などのサービスを提供しているのがMVNO(MobileVirtualNetworkOperater)と呼ばれる通信事業者です。



これらの会社は大手通信会社が設備投資をして設置した電波塔等の無線通信回線設備を自社で所有せずこれらの大手通信会社から利用する旨の契約を締結し、その確保した通信容量の枠を一般の利用者に提供するというサービス形態であり、その設備投資コストを回収する立場にないため利用料を安く設定しても利益が出る構造になっているのです。
しかし、回線をレンタル等して提供するという事業形態は参入ハードルが低いため多くの業者が参入しており、競争が激化しているのが現状です。
そこで今後のMVNO各社は独自の方針で差別化していく方向にあります。



その先駆けが楽天モバイル等のポイント制度で自社の経済圏に取り込むという方針です。楽天モバイルを活用すれば利用料支払について楽天スーパーポイントがたまるうえ、ポイントアッププログラムで市場で買い物した場合でもポイントを倍づけし、そしてスマートフォンの支払をそのためたポイントで支払えるという仕組みです。

またインターネットの光回線を契約する場合にはスマートフォン利用料を割り引くというサービスを提供しているMVNOもあり様々な方法で囲い込みを図っているのです。



自分がどの経済圏を利用するのがお得かを比較できれば最適なMVNOと契約できるでしょう。